名刺印刷 名刺作成でおなじみの「マヒトデザイン」を運営する、株式会社マヒトの企業サイト

記事

名刺を作成する際に注意するポイントまとめ



仕事で使用する必須のツールの1つ「ビジネス名刺」、プライベートで使用する「個人名刺」など、名刺には様々活用方法があります。
今回は、そんなビジネスシーンや日常生活で欠かせない「名刺」を作成する際に注意するポイントをいくつか、まとめてみました。「名刺」を作成する際にご参考いただければと思います。

名刺を作成する目的

まずは、「何のために」作成するのか決めていきます。
・ビジネルツールとして
・お店の宣伝
・自己PRのため
・交流目的のため
人によって、様々な目的があるかとは思いますが、まずは「名刺を作成する目的」を決めましょう!

名刺サイズに気をつけよう!

日本で主流の名刺サイズは「91mm × 55mm」となってます。
ちなみに、欧米サイズだと「89mm × 55mm」とういう名刺サイズです。
今では、様々な種類の名刺サイズが出てきており、より自由度が高くなってきています。
ただ、やはりビジネスで使うなら主流の「91mm × 55mm」の名刺サイズがベストかと思います。
せっかく一生懸命作った名刺でも、貰った人にとって名刺入れに入らないなど管理しづらいものはやはり、気をつけるべきでしょう。

用紙の選び方

できるだけ好みのものや、名刺のデザインに合ったものを選びたいところですが、沢山の種類の用紙があるため、迷ってしまいます。マヒトデザインの用紙の種類は、こちら
写真つきで、用紙について詳細が載ってあるので、比較的分かりやすく、選びやすいです。
紙名の横に書かれている「◯◯◯kg」は、紙の厚さを表していて、1平方メートルの用紙1000枚の重量が書かれています。
ですので、より重い方が1枚あたりの紙の厚さが厚いと考えます。同じ紙のものであれば、180kgより220kgの方が厚い紙となります。
通常ビジネスなどで使用するものであれば、「マット紙」などが良いかと思われます。220kgの紙ですと、しっかりとしています。
価格を抑えたい方には「上質紙」。人とは違う紙質にこだわりたい方には、「モダンクラフト」「五感紙 きなり」「新バフン紙 きぬ」「岩はだ こひき」あたりは、どうでしょうか?

名刺デザインについて

やはり、一番気になるのは名刺のデザイン!出来るだけ分かりやすくしたいものです。
名刺には、会社名、ロゴ、キャッチコピー、役職、名前、フリガナ、写真、住所、電話番号、携帯番号、メールアドレス、ホームページアドレス、QRコード、地図、資格、メッセージなど、いろいろな記載種類があります。
しかし、これ全てを詰め込んでしまうと、非常に見づらい名刺となってしまいますので、最初の名刺を作成する目的にあった「何のために」を意識して、構成を考えていきましょう。
また、企業や会社であれば、コーポレートカラーやロゴを上手く取り入れ、魅力的なデザインの名刺にしましょう!
最初からデザインされているマヒトデザインのテンプレートなら、簡単に魅力的なデザインの名刺を作成する事ができますので、おすすめです!マヒトデザインのテンプレート一覧はこちらから

印刷について

印刷は、自力(自宅プリンターなど)or印刷業者のどちらかになると思います。
自力(自宅プリンターなど)では、印刷代はかなり安く抑えれる&失敗しても、すぐやり直したりすることが出来ますが、やはり手間と時間はある程度かかります。
印刷用紙を購入し、プリンター設定して印刷になりますが、印刷用紙も上等なものを探して選ぶ必要がありますし、インクなども気にしないといけません。
おすすめは、マヒトデザインです!マヒトデザインなら、平日14時までに受付確定で当日発送。早いと次の日に届来ます!
また作成時にデータ不備があると、メールで不備内容の連絡をしていただけるので安心です。
価格も100枚160円~と脅威の安さです。自宅プリントの方はぜひ、1度お試しください。

簡単でしたが、名刺を作成する際に注意するポイントをまとめさせていただきました。
また、今後も少しづつ気づいたことを更新していきたいと思いますので、参考にしていただければと思います。

PAGE TOP